FC2ブログ

ベートーベン

        

Beethovenと耳の病

category - ベートーベン
2011/ 08/ 06
                 
今日は中村が担当です
今回は,Beethovenを襲った難聴のお話です
Beethovenの難聴が始まったのは
1797年頃と言われている
中村ブログ

<Beethovenが使用していた当時の補聴器>
(その原因は不明のままで、遺伝的な耳硬化症や神経性の聴覚障害など)
聴覚障害は
Beethovenが他人に最も知られたくないことで
ピヤニスト・指揮者としての
演奏活動は不可能になり、
社交界では奇異の目でみられ音楽家にとって
致命的なこと。
救いえを求めて、
1801年医師であり Bonn sity時代からの友人である
ヴェーゲラーに手紙で自らの難聴を訴えている。
1802年には、絶望頂点に達し、
中村ブログ

(ハイリゲンシュタットの遺書)を書く。
遺書には難聴による絶望と同時に
artistとしての再生が告げられている。
難聴はBeethovenのもともと気難しい性格を
いっそう気難しいものにした
1818年頃からは、ほとんど何も聞こえなくなり、
日常的な会話は、
会話長を通して行われるようになった。
次回は、夏のバカンスをエンジョイしている愛澤が担当です
            
スポンサーサイト
            
                                  
        

Beethovenが敬愛していた作曲家たち

category - ベートーベン
2011/ 07/ 11
                 
今日は、中村が担当します
今回はBeethovenが敬愛していた
作曲家たちのお話です
Beethovenが高く評価していた作曲家は
Bach,
oriori8_r13_c09.jpg

Handel,
image.jpg

Mozart,
mozart-s.jpg

Haydn
ec8f1a891c19b399c7dbbac00839705f.jpg

で200年以上前の彼の評価と現在の認識が
ほとんど同じなのに驚いてしまう、
ただしBeethovenhは
Bachよりも
Handelを好んでいたとか。
Mozart(1756年~1791年)は、
若きBeethovenの
aidlだったに違いない。
1787年Wienを訪れたのも
Mozartに会うためだったと言われている。
ただし、
彼に自分のpianoの演奏を聴いてもらい、
take a lesson
した、ことが実現したかどうかはわかっていない。
後にBeetovenは
Mozartの
piano a No20のcadenza(ガデンツァ)
(自由に即興的な演奏をする部分)
を書いたりもしている。
次回はLA・BO宮の森店の檜森が担当します。
                         
                                  
        

Beethoven and patron

category - ベートーベン
2011/ 06/ 28
                 
img_1018856_21211846_9[1]
今日は、中村が担当します
今回はpatronのお話です。
Beethoven a patronの中心は、裕福な貴族。
彼等は、Beethovenに作品を委嘱して
その作曲料を払ったり、年金などの無償の経済的支援を行ったりしていた。

Bonn sityの時代からのpatronでは、ワルトシュタイン伯爵が有名
wien sityに移ってからのNo,1 patronはリヒノフスキ侯爵、
彼は12年以上もpatronを務めた。
1703年から数年間、Beethovenは侯爵の邸宅で、familyのように
暮らし、侯爵夫婦とは深い愛情と尊敬で結ばれていた。

スヴィーテン男爵は初期のpatronでmusicに詳しく
Haydn and Mozartとも親しかった。

ロブコヴィツ侯爵もwien sityでの主要なpatronの一人で
自らの邸宅にorchestraをもち、私的なconcertを開いていた。

1809年、カッセル宮廷楽長就任の話のあったBeethovenを引き止める為
キンスキー侯爵、ルドルフ大公と共に、年金を支給しはじめた
ルドルフ大公は、Beethovenのpatronでもあり、friendであり、
composition and discipleでもあった。

次回は、川田が担当します。
                         
                                  
        

Beethoven and piano

category - ベートーベン
2011/ 06/ 17
                 
photo_2.jpg

今日は中村が担当で相変わらず、音楽の話題です。

pianoが誕生したのは17世紀の終わり。発明したのは
バルトロメオ・クリストフォリ(1655~1731)

pianoの前身は
18世紀末まで使われていたcembaloで、
弦をはじくことで音を鳴らしていたが、
pianoは、打鍵すると
hammerが突き上げられて
打弦する構造をもつ楽器。

18世紀後半になり、
市民社会が形成されるようになると、
経済的に豊かな市民も現れ
彼等はpianoをこぞって購入しようとした。

Beethovenが生まれた1770年、
市民社会が浸透しはじめる時代で、
Bon sityで暮らしていた
Beethovenは
cembaloを弾いていたが
1792年
Wien sityへ移り住んでからは、
walter piano社の
pianoを使用して作曲をするようになった。


次回は愛妻家の愛澤が担当します。
                         
                                  
        

NODAME SYMPHONY NO,7

category - ベートーベン
2011/ 06/ 06
                 
NODAME Cantabile Symphony No,7

こんにちは中村です。

Classic Boomにもなった

NODAME Cantabile a narrative

an image music-Beethoven-Symphony No,7

18811年に書き始められ1813年に書き上げられた

Beethovenが40才に入ってから、初めてのSymphony

Beethovenの補聴器やメトロノームの製作で知られるメルツェルが

戦争で傷を負った兵士のために企画したcharity a concertを

1813年12月8日ウィーン大学の講堂で

Beethoven自身の指揮によって演奏された

The word is accented to rhythmical
and rock

当時、連合軍の勝利とナポレオン軍の敗北にウィーン市民は沸いていた
(かつてはナポレオンを支持したBeethovenも今はナポレオンの敗北を喜んだ)

演奏会は大成功を収めBeethovenの人生のなかで最も華ヶしい

成功であったといわれている・・・ 

次回のブログはお父さんにネクタイをプレゼントした若手のホープ坂本が担当します。

27-nodame.jpg